楽天koboの特徴まとめ!楽天グループ運営の巨大電子書籍ストア!

楽天koboの特徴

  • 書籍の取扱数約330万冊
  • 無料書籍約2000冊以上
  • お得なキャンペーンやセールが多い
  • 楽天スーパーポイントが貯まる・つかえる
  • 楽天kobo専用の電子書籍リーダーがある
  • 専用アプリのインストールが必須

楽天koboは、あの有名な楽天が運営している電子書籍ストアです。

楽天koboと楽天ブックスを混同してしまう方もいるかもしれませんが、楽天koboは楽天ブックス内のカテゴリーのひとつに分類されます。

楽天ブックスでは、通常の紙の書籍をネット上で買うことができるサービスで、楽天koboは電子書籍専門のサービスとなっています。

楽天koboの書籍数について

書籍の取扱数が約330万冊となっていて、すごい量だなとおもわれた方も多いはず。

これは事実なのですが、若干の釣り要素がはいっています。

330万冊のうちの大半は洋書が占めていて、洋書だけで約280万冊あります。

英語がペラペラな人はいいかもしれませんが、そうではない純日本人の人にとっては無縁の世界。それが洋書です。

 

ちなみに洋書抜きの書籍数を数えてみたところ約58万冊ありました。

なのでこれが実際の数と考えてもらったほうがよろしいかと。

それでも58万冊としても他の大手電子書籍ストアとくらべてあまり書籍数に大差はありません。

楽天koboのメリットデメリット

無料で読める書籍も約2000冊となかなかのボリュームです。

お得なキャンペーンやセールも頻繁に開催されています。

基本的に常にやっているのはスタートボーナスチャンスというキャンペーンで、楽天koboの初回利用に限りポイント還元や割引のセールをおこなっています。

ほかにも常にさまざまなセールが月替わりでおこなわれているのでチェックしてみてください。

 

あと電子書籍を買ったときに通常時100円1ポイントでもらえる楽天スーパーポイントですが、もちろん楽天のほかのサービスと共有してつかうことができます。

普段から楽天ショッピングなどを利用している人はポイントを有効に活用しましょう。

 

ひとつ気になるデメリットとして、購入した書籍を読むためには専用のアプリのインストールが必須であるということでしょうか。(楽天kobo専用電子書籍リーダーがあればアプリのインストールは必要ありません)

ブラウザ上でも読める電子書籍ストアが多いのですが、楽天koboでは専用アプリ上でないと読めません。

ここが気にならなければ特にデメリットはないといえるでしょう。

楽天kobo専用電子書籍リーダー

楽天koboでは、専用の電子書籍リーダーの販売をしています。

「kobo電子書籍リーダー」というもので、専用の端末なので楽天koboで購入した電子書籍の閲覧しかできません。

そのかわりアプリのインストールは必要ありません。

 

電子書籍リーダーはモノクロ表示のみで、カラー表示ができないというデメリットがありますが、主に下記のメリットがあります。

  • 文字のフォント、大きさのカスタマイズができる
  • タブレットとくらべて軽い
  • 電子インクを使用しているので目に優しく、太陽の下でも反射しない
  • バッテリー消費が少なく、2,3週間充電不要

モノクロまんがや、文字だけの書籍であれば電子書籍リーダーの使用をおすすめします。

実際に使用しないとわかりませんが、電子書籍リーダーはブルーライトを発しないので、目の疲れなさはすごいです。

ほぼ紙の本を読んでいるのと変わりありません。

kobo電子書籍リーダーは3種類あります。

簡単な表をのせておきますので、詳細は公式でご覧ください。

kobo電子書籍リーダー Kobo Aura ONE Kobo Aura H2O Kobo Clara HD
価格 24624円 19980円 14904円
防水 あり あり なし
ディスプレイ 7.8インチ 6.8インチ 6インチ
サイズ 195.1 x 138.5 x 6.9 mm 172.0 x 129.0 x 8.8 mm 157.0 x 111.0 x 8.3 mm
重さ 230g 207g 166g

楽天koboの詳細

運営会社 楽天株式会社
書籍取扱数 約330万冊(洋書以外は58万冊)
対応端末 スマホ、タブレット、パソコン、kobo専用電子書籍リーダー
専用アプリ あり(Rakutenkobo

楽天koboの専用アプリ(Rakutenkobo)

楽天koboの電子書籍を読むためには、この専用アプリのインストールが必要です。

楽天koboはブラウザ上では読めませんが、アプリはなかなか使いやすいので特別不便は感じないとおもいます。

本棚機能、しおり機能、オフライン読書などの読書アプリとしての基本的な性能はそろっています。

詳細はGoogle PlayのRakutenkoboアプリのページでご確認ください。

対応している決済方法

  • クレジットカード決済
  • 楽天スーパーポイント
  • 楽天キャッシュ

楽天キャッシュとは、楽天グループが提供しているサービスで、お金を事前にチャージしてつかうことができるオンライン電子マネーのことです。

楽天市場やラクマなどの楽天が提供する各種サービスとも連携が可能となっています。

楽天koboのおすすめポイント

楽天koboは、楽天というビッグネームの安心感がとても強い電子書籍ストアです。

書籍数も充実していますし、セールやキャンペーンも頻繁におこなわれています。

小ネタですが、楽天koboは楽天市場で月1ペースで開催されているお買い物マラソンの対象店舗のひとつとなっています。

少額の書籍の購入でも1店舗としてカウントされるので、楽天市場をご利用の際もぜひ活用してみてください。

楽天Kobo電子書籍ストア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です