電子書店パピレスの特徴まとめ!日本で最初の電子書籍ストア!

電子書店パピレスの特徴

  • 書籍の取扱数約53000冊
  • ジャンルは主に小説、実用書、ビジネス書が中心
  • 書籍の購入にはあらかじめポイントの購入が必要

日本で最初に電子書籍配信サービスを開始したのが電子書店パピレスだといわれています。

書籍の取扱数は約53000冊となっていて、電子書籍ストアとしての歴史はありますが、書籍数はあまり多くない印象です。

ジャンルはオールジャンル幅広く取り扱っていますが、メインの取り扱いジャンルは小説、実用書、ビジネス書などの文字コンテンツが中心となっています。

 

電子書籍ストアといえば、どのストアもマンガに力をいれているところが多いですが、電子書店パピレスではマンガジャンルは150冊程度しか取り扱っていないので、マンガを読みたい方にはあまり向いていないかもしれません。

マンガ目的であれば、同じ「株式会社パピレス」が運営している、姉妹サイトのRenta!のほうがおすすめです。

Renta!はマンガジャンルだけで約7万冊も取り扱っていまして、既に電子書店パピレスの書籍数をこえてしまっています。

ただ電子書店パピレスでもRenta!でも、どちらかのストアで会員登録を済ませると、運営元が同じなのでID・パスワードを共有して使えるのはいいところ。

電子書店パピレスは小説などに強くて、Renta!はマンガに強いので、それぞれのいいところ、悪いところを補い合っているといった感じでしょうか。

書籍の購入にはあらかじめポイントの購入が必要

電子書店パピレスでは、クレジットカードなどを使って直接書籍を現金で買うということができません。

一度ポイント(1ポイント=1円)を購入して、そのポイントで書籍を購入するという少しめんどくさい仕様となっています。

ポイントをまとめて購入したらボーナスポイントがもらえる。というわけでもないので、現金購入の方法も用意しておいてほしいところではありますが。

ポイントの購入コースは以下の通りです。

100pt購入 108円(税込)
300pt購入 324円(税込)
1000pt購入 1,080円(税込)
3000pt購入 3,240円(税込)
5000pt購入 5,400円(税込)
10000pt購入 10,800円(税込)

 電子書店パピレスの詳細

運営会社 株式会社パピレス
書籍取扱数 約53000冊
対応端末 スマホ、タブレット、パソコン
専用アプリ あり(Android版)(iOS版

電子書店パピレスの専用アプリ

電子書店パピレスでは、ブラウザ上で書籍の閲覧をすることも可能ですので、無理にアプリをインストールしなくても読書を楽しむことはできます。

しかしアプリをインストールすることにより、本の管理がしやすいことと、本をアプリにダウンロードすることでオフライン環境でも読書することができるようになるメリットがあります。

必要に応じて各デバイスに対応したアプリをインストールしてください。

対応している決済方法

  • クレジットカード決済
  • au かんたん決済/au WALLET
  • ソフトバンクまとめて支払い
  • Yahoo! ウォレット
  • WebMoney
  • ニフティ決済
  • BIGLOBE決済

電子書店パピレスのまとめ

電子書店パピレスだけで使うメリットは少ないかなとおもいますが、電子書店パピレスとRenta!は、同じIDとパスワードで利用できるのがいいところです。

合わせて使うことで便利な使い方ができるとおもいます。

電子書店パピレスの公式ページへ

Renta!の公式ページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です