電子書籍を使うメリットとデメリットを知っておこう!

当サイトでは、なにも紙の本はやめて電子書籍に完全移行したほうがいいと言っているわけではありません。

電子書籍をつかうことによるメリットは多いですが、もちろん反対に電子書籍にもデメリットが存在しています。

なのでみなさんには、電子書籍をつかうメリットデメリットを理解したうえで、ライフスタイルに合わせて紙本と電子書籍をうまく使い分けてほしいとおもっています。

それでは、ここから電子書籍のメリットとデメリットについてみていきましょう。

電子書籍をつかうメリット

  • 紙本よりも安く買える
  • セールや無料本が多い
  • 本の置き場所に困らない
  • いつでもどこでも欲しいときに買える
  • 大量の本をひとつの端末にいれて持ち運べる
  • 本が汚れたり、経年劣化することがない
  • 本の売り切れがない
  • 暗闇でも読める
  • 他人に見られたくない本の所有もしやすい

紙本よりも安く買える

基本的に電子書籍は、紙本よりも数%割り引いた価格で購入することができるようになっています。

セールや無料本が多い

電子書籍は0円で販売されているものも多いです。

読み放題プランなどに加入することで、さらに無料で読める本は多くなります。

また、期間限定のセールやキャンペーンも各ストアで頻繁に開催されています。

これらのセール時や、キャンペーン開催時を狙って本を購入すれば、さらに安く本を手に入れることができます。

本の置き場所に困らない

購入した電子書籍は、デジタルデータとしてクラウド上に保存されるので、紙本のように本の置き場所に困ることはありません。

何千冊という数の本でもネット上に楽に保存することができます。

いつでもどこでも欲しいときに買える

いつでもどこでもネット環境さえあれば、ワンクリックで本を買うことができ、買ってすぐに本を読むことができます。

わざわざ本屋に出向く手間がありません。

大量の本をひとつの端末にいれて持ち運べる

端末のデータ容量に左右されますが、クラウド上の本棚から必要な本を端末にダウンロードして持ち運ぶことができます。

必要に応じて本を入れ替えることもでき、一度ダウンロードした本はネット環境のないオフライン上で読書することも可能です。

本が汚れたり、経年劣化することがない

紙本だと汚れがついたり、年月が経てば色あせてきますが、電子書籍であればそんなことはありません。

クラウド上に保存されるので、半永久的に劣化せずに本を保つことができます。

本の売り切れがない

電子書籍は本のデータを販売しているので、売り切れるという概念が存在しません。

人気でなかなか手に入らない本でも、電子書籍であればすぐに手に入ります。

暗闇でも読める

紙本もブックライトなどで暗闇でも読むことは可能ですが、スマホやタブレット、ブックリーダーを利用して読書をする電子書籍は画面自体が光るので暗闇でも大丈夫です。

でも、暗闇でスマホやタブレットで読むと目が疲れるので、ブックリーダーで読むことをおすすめします。

他人に見られたくない本の所有もしやすい

電子書籍の本棚には鍵をかけることもでき、専用のシークレット本棚を別に作ることもできるので、他人に見られたくない・知られたくない本の所有もしやすいです。

少しエッチな本などもそうですが、普段友達の前では適当キャラで通っている人などが、誰にも知られずにこっそり新しいことを勉強したいときなどいいんじゃないかとおもいます。

電子書籍をつかうデメリット

  • 本の貸し借りができない
  • 本の売却ができない
  • 中古本がない
  • 所有欲は紙本のほうが満たせる

本の貸し借りができない

紙本のように、家族や友達に本を貸したりすることができません。

もし貸す場合は自分の端末ごと貸す必要があるのであまり現実的ではないでしょう。

本の売却ができない

必要のなくなった本でも、電子書籍は売却することができません。

電子書籍の場合は、元となるデータを消去することになります。

中古本がない

電子書籍は売却もできず、劣化もしないので、中古本の販売がありません。

新品の本であれば電子書籍のほうが安いですが、中古本でもよければ紙本のほうが安く購入することができます。

所有欲は紙本のほうが満たせる

所有欲。

自己満足ですが、シリーズものを集めたい、飾っておきたいなどの欲はだれでも少なからずあるとおもいます。

電子書籍はデータなので、所有しているという感覚が紙本よりも薄いのはたしかです。

電子書籍を使うメリットとデメリットのまとめ

電子書籍をつかうことのメリットはとても多いです。

デメリットに関して一番大きいのは所有欲かなとおもっています。

管理人自身もコミックなどはコレクションしたい派なので紙本で集めています。

手元に持っておきたい本は紙本で。

それ以外は電子書籍で買うことにより部屋のスペースは圧迫されないので、うまく紙本と電子書籍を使い分けてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です